男 わきが 体験口コミ

男のわきがの体験口コミ!

 

突然ですがわきが仲間っていますか?

 

「俺ワキガなんだけどワキガのヤツいるー?」と気軽に言える人は少ないのではないでしょうか?

 

ということで、当サイトでは男性のワキガ体質の方の体験談を集めてみました。ワキガの人の悩みや体験談を普段あまり効くことがないと思いますので、あなたのワキガライフの参考にしてみて下さい。

 

 

わきがの体験口コミ

 

28歳 男 静岡県 S.Oさん

 

ワキガの匂いを運動後に友人複数と比べてみた

 

大学のテニスサークルでの練習後の出来事。たっぷりと汗をかいた後、誰が言い出したか忘れたけど皆のワキガの匂いをかいで一番くさい人を決めようという事になってしまった。何が悲しくて男のワキガなんて嗅がなければいけないのか。

 

幸い私は元々体臭がほぼ無臭の人間だったので案の定ほんの少し汗がにおうと言われた程度だったが、一人いつも体臭が臭い友達がいてそいつの匂いは強烈だった。思うに毛深いのと汗をかいたのが相乗効果で匂いがこもってしまったのではないかと推測される。

 

そいつは8×4を使用していたものの、ダントツトップになってしまって少しかわいそうではあったが、仲のいい友人だけなので特にトラブルもなく終わった。他の3人は特に匂いがそこまでひどいというわけではなかった。この試みの中で気付いた事がある。

 

実はワキガで悩む人は意外と少ない事。みんな自分の体臭やワキガを気にするけど実際本当に臭い人間っていうのはそんなにいないのではないかという事に気付いた。しかしまた同時に臭い人間も少数であるが必ずいるという事にも気づいた。

 

そして臭い人間に共通するのが、元々の体臭が臭い事・汗かきである事・毛深い事の3点なのではないかと思った。どうやったら解消できるだろうか、元々無臭の私はそこまで調べなかったが、制汗スプレーを多用したり、軽い脱毛をしたり、毎日しっかり風呂に入って匂いが強いボディーソープをつける等の簡単な努力でなんとかなると思った。

 

現代はとても便利な時代でワキガだけでなくニキビや視力低下等にも対応できる薬や手術がある。自分の弱点を克服するための手段なんて実は沢山あるわけであって、ワキガなんて対策すれば実際はすぐになくなるものではないかと思った。それを怠って彼女ができない事を嘆いたり、結婚できない事を嘆くのは個人の怠慢と言われても仕方がないほど現在は努力すれば何かしらの効果がでる時代となっている。やっぱりワキガをどうにかしたほうがいいと思った(笑)

 

 

 

32歳 男性 岐阜県 かずやさn

 

ワキガで苦労した体験談

 

私は中学生の頃からワキガです。ワキガというのは厄介な事に自分では臭いに気付きにくいです。

 

社会人となった今は、対策をしているし、周りも良識のある方達なので馬鹿にされたりはないので大丈夫ですが、学生時代、特に中学生の時が一番辛かったし苦労しました。今回はその時のお話を披露したいと思います。

 

当時、中学2年生だった私はワキガにより大変な思いをしていました。前々から「臭い」だの言われてはいましたが、ちょうどこの辺りからさらに臭いがキツくなりました。

 

私の近くを通る人は殆んどの人が鼻を押さえて通るのは当たり前。それだけならいいのですが、中には「くっせ!」や「何この臭い」など、あからさまに私に聞こえるように文句を言って通って行く人もいました。次第にそういった言動が多くなり、当時、クラスに5人位いた私の友達は皆、私から離れていきました。今から思えば私の近くにいればイジメみたいなのに巻き込まれるから仕方ないのかもしれませんが、これはかなり辛かったです。

 

私はクラスでも孤立するようになり、登校してから帰宅するまで誰とも話さない事なんて日常茶飯事でした。イジメを受けるようになり、昼休みにトイレに呼ばれたかと思えば水をバケツでぶっかけられたり、物を隠されるなどの代表的なイジメや、酷い時には登校したら私の机の上に消臭剤が置かれていた事もありました。先生に相談しても改善はされず、日々、陰湿なイジメに耐えながら登校を続けていました。

 

一番困ったのは体育の授業でペアを組まなければいけない時です。誰もかれも、「臭いから組みたくない」や、「そいつと組むと臭いが移るから」との事で誰も私と組んでくれません。仕方ないので私は毎回、先生とペアを組んでいました。ぶっちゃけ日々のイジメよりも私にはこれが一番、堪えました。

 

今から思うと私はよく堪えて登校していたなと感心します。まあ神経が図太かったのかもしれませんが、それでもこういう扱いはされたくないです。ワキガだからといってイジメていいわけがありません。こんな非道な行いは、世の中から断絶されてほしいです。これが私の切なる願いです。

 

 

 

26歳 男性 鹿児島 Kさん

 

ワキガにスプレー、塗り薬

 

ワキガに悩み始めたきっかけは弟が始まりでした。

 

当時の私は二十歳ぐらいで弟は高校生でスポーツマン。とある日に、部活から帰宅してきた弟がお風呂に入っていたのですが、ガラス越しで弟が石鹸を直接脇にゴシゴシと当てながら洗っているような動作を目撃し、「まさかね、、、」とその時は見て見ぬ振りをおりましたが、お風呂から上がったタイミングで丁度二人になったので、おそるおそる聞いてみると、なんと家族みんなで使っている石鹸を、直接わきに当てて使っていたことが判明致しました。

 

ワキガって移るって聞いていたのでそんなことをしていたなんて本当にびっくりです。そして話が進んで、弟にそのほかにもどんな対応をしているのか伺うと、「上半身裸になってわきを開いて太陽に浴びせる」と聞き、当初の私はまだワキガなんて知らなかったので爆笑しました。

 

ですが、23、24歳ぐらいに付き合っていた彼女から脇のにおいのことを突っ込まれました。それがキッカケで弟と同じように家族みんなで使う石鹸を直接脇に当てて使い始めました。
ただ、さすがに太陽に向かって脇を開くことはできませんでした。

 

そして時がたった今でも脇に石鹸を当てて体を洗っております。それに、エイトフォーやagといった脇のスプレーは後々ワキガがひどくなると聞いたので使用を即中止し、塗り薬へ変更致しました。

 

ただ、1年を通して夏になると汗かきな私は塗り薬が汗で流されているだろうというくらいの汗をかきます。仕事場の上司から「普段はそんなことないけど今日はにおいきついね」と冷めた目で言われたときはすごくショックでした。ですが、そんな悩みからは今は解放されています。

 

スプレーから塗り薬に変更したのは私だけではなく弟も一緒なのですが、その弟から紹介された塗り薬「old spice」この塗り薬が本当にすごいです。
まず、脇からの汗を止めてくれます。そして落ちにくい上ににおいも全くしません。

 

汗かきな私ですが、グレーのポロシャツを着ても脇の心配をする必要が全くありません。今では全く脇のこと気にせずに夏でも脇全開で遊んでます笑

 

 

 

30歳 男性 兵庫県 K.Eさん

 

交際相手のわきが対策について

 

学生時代の交際相手がわきがだったので、相手を傷付けない方法でわきが対策を実施した体験談を紹介します。

 

この交際相手とは約2年間交際し、半同棲生活の状態となっていました。そんな生活をしており、少しだけ家に遊びに来た時はさほど気にならなかったのですが、外出した時や長時間家で一緒にいた時は、どうしても臭いが気になってしまい、非常に困りました。

 

特に汗を大量にかく夏場は大変で、当然ながらストレートにそのことに触れてしまうと交際相手を深く傷付けてしまうので、特に話題にしたりしませんでしたが、逆に相手がそのことを非常に気にしていたのか、制汗スプレーや香水を頻繁に使い、その臭いを誤魔化していたように思います。

 

しかし、制汗スプレーや香水の臭いと本人の体臭が混ざり、私には苦手な臭いになっていました。私自身も、個人個人で様々な悩み事があると思いながら、何か出来ることはないかと思いインターネットで色々調べることにしたのです。

 

ネット検索したところ、制汗スプレー以外にも専用のクリームがあること、体の洗い方や食事療法など日々の生活の中で出来る対策、永久脱毛や手術をする方法、浴槽に酢、ミョウバン、重曹を入れて入浴する方法があることを知り、出来るだけ交際相手を傷付けないように検索したことを伝えることにしたのです。

 

その方法は「最近、自分自身が加齢により体臭が気になっている」と相談するものでした。この方法を実践したところ、特に効果が出たのが「普段の生活で出来る、体の洗い方」だったのです。

 

正直これまで、汗の臭いを抑えるためには、とにかくしっかりと念入りに洗うイメージを持っていたのですが、それは逆効果で優しく丁寧に洗うことが大切であることを知り、さりげない話をしながら自分が実践したことを告げたところ、交際相手もこれを実践してくれたのか、それ以降臭いが気にならなくなりました。

 

結局、この出来事が原因がどうかは分かりませんが、相手側から別れを告げられ交際は終わってしまったのですが、私自身交際相手が知らなかった情報を伝えることが出来て良かったと思っています。